広告

2010年7月1日木曜日

1.貨物自動車運送事業法 第2章 第10条

(運送約款)
  1. 一般貨物自動車運送事業者は、運送約款を定め、国土交通大臣の許可を受けなければならない。これを変更するときも、同様とする。
  2. 国土交通大臣は、前項の許可をしようとするときは、次に掲げる基準によってこれをしなければならない。
    1. 荷主の正当な利益を害するおそれがないものであること。
    2. 少なくとも運賃又は料金に収受並びに一般貨物自動車運送事業者の責任に関する事項が明確に定められているものであること。
  3. k国土交通大臣が標準運送約款を定めて公示した場合(これを変更して公示した場合を含む。)において、一般貨物自動車運送事業者が、標準運送約款と同一の運送約款を定め、又は現に定めている運送約款を標準運送約款と同一のものに変更したときは、その運送約款については、第1項の規定による許可を受けたものとみなす

0 件のコメント:

コメントを投稿