広告

2010年7月6日火曜日

1.貨物自動車運送事業法 第2章 第16条

(安全運転規定等)
  1. 一般貨物自動車運送事業者(その事業の規模が国土交通省令で定める規模未満である物を除く。以下この条において同じ。)は安全管理規定を定め、国土交通省令で定めるところにより、国土交通大臣に届けなければならない。これを変更しようとする時も、同様とする。
  2. 安全管理規定は、輸送の安全を確保するために一般貨物自動車運送事業者が遵守すべき次に掲げる事項に関し、国土交通省令で定めるところにより、必要な内容を定めた物で無ければならない。

    1. 輸送の安全を確保するための事業の運営の方針に関する事項
    2. 輸送の安全を確保するための事業の実施およびその管理の体制の関する事項
    3. 輸送の安全を確保するための事業の実施およびその管理の方法に関する事項
    4. 安全統括管理者(一般貨物自動車運送事業者が、第3号に掲げる事項に関する業務を統括管理させるため、事業運営上の重要な決定に参画する管理的地位にあり、かつ、一般貨物自動車運送事業に関する一定の実務の経験その他の国土交通省令で定める要件をそなえる者のうちから選任する者をいう。以下同じ。)の選任に関する事業。
  3. 国土交通大臣は、安全管理規定が前項の規定に適合しないことを認めるときは、当該一般貨物自動車運送事業者に対し、これを変更すべきことを命ずることができる。
  4. 一般貨物自動車運送事業者は、安全統括管理者を選任しなければならない。
  5. 一般貨物自動車運送事業者は、安全統括管理者を選任し、又は解任したときは、国土交通省令で定めるところにより、遅滞なく、その旨を国土交通大臣に届けなければならない。
  6. 一般貨物自動車運送事業者は、輸送の安全の確保に関し、安全統括管理者のその職務を行う上での意見を尊重しなければならない。
  7. 国土交通大臣は、安全統括管理者がその職務を怠った場合であって、当該安全統括管理者が引き続きその職務を行う事が輸送の安全の確保に著しく支障を及ぼす恐れがあると認めるときは、一般貨物自動車運送事業者に対し、当該安全統括管理者を解任すべきことを命ずることが出来る。

0 件のコメント:

コメントを投稿