広告

2010年7月7日水曜日

1.貨物自動車運送事業法 第2章 第17条

(輸送の安全)
  1. 一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の数、荷役その他の事業用自動車の運転に付帯する作業の状況の応じて必要となる員数の運転者及びその他従業員の確保、事業用自動車の運転者がその休憩又は睡眠のために利用することが出来る施設の整備、事業用自動車の運転者の適切な勤務時間及び常務時間の設定その他事業用自動車の運転者の過労運転を防止するために必要な措置を講じなければならない。
  2. 一般貨物自動車運送事業者は、事業用自動車の最大積載量を超える積載をする事となる運送(以下過積載による運送という。)の引き受け、過積載による運送を前提とする事業用自動車の運行計画の作成及び事業用自動車の運転者その他の従業員に対する過積載による運送の指示をしてはならない。
  3. 前2項に規定するもののほか、一般貨物自動車運送事業者は、輸送の安全を確保するため、国土交通省令で定める事項を遵守しなければならない。
  4. 事業用自動車の運転者及び運転の補助に従事する従業員は、運行の安全を確保するため、国土交通省令で定める事項を遵守しなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿