広告

2010年7月1日木曜日

1.貨物自動車運送事業法 第2章 第6条

(許可の基準)
国土交通大臣は、第3条の許可が次に掲げる基準に適合していると認めるときでなければ、同条の許可をしてはならない。
  1. その事業の計画が過労運転の防止その他輸送の安全を確保するため適切なものであること。
  2. 前号に掲げるもののほか、その事業の遂行上適切な計画を有するものであること。
  3. その事業を自ら適確に遂行するに足る能力を有するものであること。
  4. 特別積み合わせ貨物運送に係わるものにあっては、事業場における必要な積み卸し施設の保有及び管理、事業用自動車の運転者の常務の管理、積み合わせ貨物に係わる紛失等の事故の防止その他特別積み合わせ貨物運送を安全かつ確実に実施するため特に必要となる事項に関して適切な計画を有するものであること。

0 件のコメント:

コメントを投稿