広告

2010年9月24日金曜日

運行管理者資格者証の交付 合格後は絶対に忘れずに

運行管理者試験に合格しても、運行管理者資格者証の交付手続きを三ヶ月以内に行わないとせっかくの合格が無効になってしまいます。 このため、急いで行って下さい。 絶対に引き延ばしはしては行けません。 そこで、確実に素早く行える方法を説明します。

事前に準備する物

  • 住民票
    運転免許でも可能ですが、漢字表記が異なっている場合がありますので、事前に住民票を入手して下さい。
  • 収入印紙(愛知県は270円分)
    コンビニエンスストアや郵便局で入手出来ます。 必ず、案内を見て代金を調べて下さい。
  • 切手440円分
    資格者証を返信するための代金です。書留で送付されます。
  • A4が入る封筒2枚
    返信用と送付用で必要です。文房具店で入手出来ます。難しい場合はここで。
記入する物、準備する物
  • 資格者証交付申請書(合格通知に添付)を記入します。
    注意点としては住所は住民票と全く同じに
    受験番号は間違え無いように記入して下さい。 また、収入印紙も忘れずに貼り付けて下さい。
  • 住民票を添付の様式に貼り付けます
    必ず指示の通りに貼り付けて下さい。
封筒に入れる物
  1. 資格者証交付申請書+収入印紙
    忘れずに記入、住所は住民票と一致受験番号は試験結果通知書と相違が無いこと、また、指定の収入印紙が貼り付けられていることを確認して下さい。
  2. 住民票
    正確には住民票の写しです。お近くの役所で取得して下さい。
  3. 運行管理者試験結果通知書
    必ず原本を添付して下さい。 複写した物は不可です。
  4. 返信用封筒+切手440円を貼り付け
    返信先の住所氏名が書かれたA4サイズの封筒と440分の切手を貼り付けて下さい。書留で返信されるので高いです。
送り方
信書扱いの文書となります。必ず郵便局で送付願います。(メール便宅配便では信書は送付できません) また、運行管理者試験結果通知書の原本が入っているので必ず書き留めで送付して下さい。 そのためポスト投函は不可です。

このように面倒ですが、上手く行えば半日の休みで申請が可能です。 面倒だと思ったり、まだまだ時間があると考えているとあっという間に三ヶ月は通過していまい、合格が無効になってしまいます。 絶対に引き延ばさずに今日から行って下さい。 分からなかったら電話で問い合わせを必ず行って下さい。

IMG_0314
住所は住民票と一字一句間違っていない事。運転免許でも申請が可能ですが、住民票と相違がある可能性が高いので、絶対に住民票を添付して下さい。

IMG_0315
これが住民票の住所欄です。 くだらなくて細かい部分ですが、全てを一字一句同じにして下さい。
住民票が 愛知県豊橋市村上町字鈴木町2番地27 であった場合は 愛知県豊橋市村上市鈴木2-27 や 愛知県豊橋市村上町字鈴木町2番地27番地 はだめです。

IMG_0316
運行管理者試験結果通知書資格者証交付申請書に書かれている番号は異なっているとだめです。

IMG_0317
収入印紙は組み合わせて使って下さい。(ずばりの値段の物がありません)

IMG_0318
運行管理者試験結果通知書、資格者証交付申請書住民票です。収入印紙は忘れずに

IMG_0319
最後は返信用封筒を忘れずに封筒に入れて下さい。 郵便局の窓口に持参し、運行管理者試験結果通知書の原本が入っているので、必ず書き留めで送付して下さい。 

合格はうれしいですが、運行管理者資格者証が無いと運行管理者にはなれません。 合格してお祝いを行う前にこの手続きは必須です。

1 件のコメント: